2009年09月26日

パズル解き大会・例題3・ペーパーリング

 昨日の記事に「次回の例題紹介は、しばらく日を置いてから、の予定」と書きましたが、うれしい「ご快諾」連絡をいただいたので、前言を翻してもう1問。

パズル解き大会・例題3.gif

(画像をクリックすると拡大表示されます)

 パズル懇話会会員の北沢忠雄さんがつくられた、パズル懇話会の会誌「こんわかいNEWS」の最新号(2009年8月号)に掲載されたばかりの問題です。
 ですから、私がこの問題を目にしたのもつい1週間前、19日(土)のパズル懇話会例会日(例会は8月を除く毎月第3土曜日に東京で行われます)のこと。

 北沢さんは、もう何年続いているでしょうか、コンスタントに新鮮な自作パズル問題を会誌に投稿し続けてくれています。
 パズル問題の創作・発表という点では会員の中でもトップクラス、近年はずっと「実質トップ」だと私は思っています、ですから私は会誌を手にしたらいつも真っ先に北沢さんのページを探して開きます。
 するとそこには必ず期待を裏切らない、私(だけではないと思いますが)を愉しませてくれる新作問題が。

 人を愉しませることに主眼が置かれている北沢さんの問題は難度もほどほどに抑えられていることが多く、上の問題はそんな1例、だからこれは「早解き部門向きだな」と私は思いました。
 そこで、このサイトで紹介させてほしいと北沢さんにお願いしたところ、快くすぐにOKしてくれましたので前言を翻すことにした次第です。

 併せて北沢さんに「パズル解き大会本番用の問題もぜひつくってください」とお願いしたら、

>> さっそくパズル解き大会用の問題も作ろうと思います。
>> センスのいい問題が作れるかどうか分かりませんがやってみます。
>
> いつも作っていらっしゃるじゃありませんか! (^o^)V

 さらに

>> パズる会は参加する予定です。

 これでパズル解きイベントがいっそう充実することは間違いありません。

(MINE)
 


posted by パズる会2009スタッフ at 13:39| Comment(22) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もーね、ほんとに、もう、面白い問題ですね。
5分ほど悩まされました。
問題文に何かひっかけがある、叙述トリックかと
思いましたが、今度は問題文に何らひっかけ
はないんですね。やられました。
本番の前、2か月前からこんなにヒートアップして
いいのかしらん。w
Posted by Ototo at 2009年09月27日 00:51
ね! イイでしょう! V(^o^)V

私も最初は「どういうことだ? どうなっているの? あり得ないのでは?」
そして何分かして「なるほど。上手いなあ!」でした。

これ、もっと早く北沢さんに声をかけてコッソリ見せてもらっていたら、本番用の問題になっていただろうものです。
そういう意味では惜しくもあるんですが、でも大丈夫! 北沢さんは尽きることなく傑作パズルを産み出せる方ですからね。

そして、さらに Ototoさんに褒めてもらえると本番前にますます頑張っちゃいたい気になります。

勢い余って、本番問題まで公開しちゃわないように気をつけます。
Posted by MINE at 2009年09月27日 01:25
tokoさん、すみません。m(_ _)m

ご質問へのお返事は「全く仰有るとおりです」というものですが、
tokoさんの記述には、この問題についての強烈なヒント(というよりほぼ答え)が書かれていましたので、文面と投稿日時情報のコピーを取らせていただいた上でコメントを削除させていただきました。(「保留」という措置が取れないため)

公開したばかりですからまだあまり多くの人に問題自体を見ていただけていないであろう、また、もうしばらくは皆さんに0(ゼロ)の状態から問題解決に取り組んでもらいたい、と考えてのことです。

いずれ答えを明かすときが来るでしょう、そのときはtokoさんのコメント内容も反映させていただきたいと思います。

どうぞご理解の上、ご容赦くださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、どうしても早く答えを確かめたい場合には、問合わせメールアドレス宛にご連絡をいただくという手もあります。そうした問合わせがあまりにも多いと対応に苦慮することになりかねませんが、それは杞憂というものでしょう。
Posted by MINE at 2009年09月27日 09:51
そうでしたか。

パソコンの調子がおかしかったのかと思い、2度もお手間を取らせてしまいました。すいません。

ということは、この問題の右の図は、なければ面白くない別解が生じてしまうから、というものではなくて、出題者である北沢さんのユーモアみたいなものですね。


(あと、例題2の最初のOtotoさんのコメントも
削除されたほうがいいかもしれませんよ。 コソッ)

Posted by at 2009年09月27日 10:40

> ということは、この問題の右の図は、なければ面白くない別解が生じてしまうから、
> というものではなくて、出題者である北沢さんのユーモアみたいなものですね。

えーと、遠回しに言うのがムズカシイ…この問題では右の図も必要…不可欠じゃないかなぁ…そんな気がするような気が…しないでもないような…。

> 例題2の最初のOtotoさんのコメントも削除されたほうがいいかもしれませんよ。

例題3は、ネット上ではこの場で初公開されたオリジナル問題です。
例題2は書いたとおり、新聞から引用して紹介させてもらったもので、ネット検索すると朝日新聞社のサイトで解説および解答までも見ることができます。

その違い、ご理解ください。

例題2は早々にネタばらしが進んでいってもいいだろうと考えました。
Posted by MINE at 2009年09月27日 11:27
夕べというか今日未明、ベッドに入ったときに思いついたことをここに書いておきます。

北沢さんは優れたパズルのアイディアをもたらしてくれる「打ち出の小槌」をかくし持っているのではないか?
いやいや、きっとパズルの神様が北沢宅に長期にわたって居候しているのだ。

パズルの神様も一人(神様は一人二人と数えるのか!?)じゃなく複数いて、北沢宅には数理パズル担当・言葉遊び方面担当・その他メカニカルパズル全般担当、と大勢がひしめき合っている。

他にも、組木系立体パズル担当(これは担当神様が何人かいそう)とか不可能物体方面専任とか、普段はパズルの神様がそれぞれ特定のお宅に居候している。

そしてパズる会当日は、参加者がそれらパズルの神様を伴って日本青年館に集結する!!

じゃ、ボクは帰りにはパズルの神様ご一行を自分の家に連れて帰ろう、っと。
Posted by MINE at 2009年09月27日 13:36
ふむふむ、これは、非常に興味深いですね
不可能物体的モチーフがなんとも良い味、
大変美味しゅうございました
Posted by kiyori at 2009年09月27日 14:08
kiyoriさん、当日はぜひ神様も連れてお越しになってください。

パズルの神様は何人お連れいただいても、参加費無料です。(いいよね? 会計担当スタッフさん)

でも、パズルの神様は素質のある人の家にしか居候してくれないんだろうなぁ、と先のコメントを書き込んだ後になって思い至りました。

それに万一連れて帰れてもウチのよき伴侶が何と言うか? ウチ、狭いし。
Posted by MINE at 2009年09月27日 14:33
私の神様は、私のトコにも滅多には降りてきてくれませぬ。
当日降りてきてくれるようになんとか頼んでおきますデス。
Posted by kiyori at 2009年09月27日 14:58
会計担当の小松です。

神様は参加費は不要ですが、替わりに面白いパズルを披露してください(^-^;
Posted by 小松 at 2009年09月27日 18:32
この問題、なかなかよかったですね。
昨日一晩考えて答えが思いつかず、今朝がた7時の番組で「水平思考」の話を見ていた時にふと答えが思いつきました。
5分で答えが思いつく方もいるとはすごいです。
Posted by 「の」の字 at 2009年09月27日 20:09
「の」の字さん、コメントありがとうございます。

本番のパズル解き大会の前に、例題で肩(脳?)慣らししておいてください。
3〜4問とか書きましたが、もうちょっと例題の出題を増やしたいと思います。

ブログ「感想記」での、パズる会2009の紹介もありがとうございました。
Posted by MINE at 2009年09月28日 11:01
このように楽しい問題を見ると、実際に作ってみたくなってしまいます。明日のホームページで紹介させてください。
Posted by kiyochan at 2009年09月30日 15:56
kiyochanさん、コメントありがとうございます。

> 明日のホームページで紹介させてください。

考案者の北沢さんに問い合わせた上で、メールにてお返事させていただきますので、メールが届くまでお待ちください。

明日までのお返事は無理かも知れません。ご了承ください。
Posted by MINE at 2009年09月30日 17:38
昨日、上のコメントを書いた後、北沢さんにメール。
その日のうちに「OK」の返信をもらえたので、kiyochanさんにメール。

http://kiyosiko.dtiblog.com/

で、ペーパーリングの実物をご覧ください。

きれいにつくっていられます。

Posted by MINE at 2009年10月01日 12:22
5分では、やはり思い込みから抜けられませんでした。7分後に「あ、そんなんしなくてもいいんか」と納得。昔□○○○で作った経験に引き摺られました。あーあ思う壺に嵌まったとはこのこと!!
Posted by sacco at 2009年10月01日 14:58
saccoさん、コメントありがとうございます。

saccoさんをも惑わせる? こりゃあ、やっぱり、ますますいい問題ですね。

でも逆に「昔□○○○で作った経験」というところが気になります。これは、いくら時間をかけてもわからないでしょう。
saccoさんのいちばんお好きなイベント(私もそれが一番!パズル解きよりも)のときにでも、ぜひお聞かせください。

Posted by MINE at 2009年10月01日 17:26
 作者の北沢です。みなさん、ありがとうございます。こんなに盛り上がるとは思ってもいませんでした。これと似たようなものは、案外日常生活のなかで目にしているかもしれませんよ。
 
Posted by 北沢 at 2009年10月01日 21:02
北沢さん、はじめまして。

>案外日常生活のなかで目にしているかもしれませんよ。

うちの4歳の双子は最近ようやく上手にできるようになってきました。
Posted by Ototo at 2009年10月01日 22:14
スゴイ問題でしたね。
5日間考えて正解は見つけられませんでした!

北澤さんはパズルのカミ様のようですね。
Posted by junk at 2009年10月01日 22:55
いやー、やっと解りました。
曇天続きで、どこに向かえば正解があるのかわからなかったのですが、一筋の光を見つけて近づいてみたらそれが正解への入り口。そこから先は一気に視界が開けました。
おもしろーい。
Posted by 軟手固っ体 at 2009年10月02日 03:34
マイブログに「ペーパーリング」に関する記事を書きました。
http://puzzle-of-mine.at.webry.info/200912/article_1.html
よかったらご覧ください。

Posted by MINE at 2009年12月01日 14:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。